内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  スポーツ選手が最も優れている

スポーツ選手が最も優れている

30年前からスポーツ選手は子供のなりたい上位職業であり、昔はスポーツ選手は野球選手の代名詞であったが、今は色々な種目でプロや企業でも、スポーツが続けれる環境だ。つまり、スポーツ選手になれなかった人が、会社員などをすると考えられ、そうなると能力もスポーツ選手が高くて、会社員が低いのは分かりますよね??つまり、スポーツで役に立つ鍛錬は、一般の会社員には堪えられないから、パワハラの言葉もスポーツから始まり、それが会社員にも向けられ、問題化した歴史もあるはずです。

少し詳しく言うと、スポーツは出来ない事を出来るようにするのが上達で、出来なくてやりたくない事はしなくても良いのが会社員(笑)だから、例えば退職金を会社が払いたくなくて、介護分野を作り社員を入れさせたとして、そこには元スポーツ経験者しか残らない、これが会社の嫌がらせでも、乗り越えられるのがスポーツ選手でもあり、今まで乗り越えられなかったから会社員、このイメージは正しいと思う。また、スポーツのキツさはある程度は耐久力全体を上げる為に、会社員で嫌な事はちっぽけな悩みにみえるスポーツ選手も居るが、絶対にスポーツ選手の真似(鍛錬)を会社員はしない方が良い。



コメント






管理者にだけ表示を許可する