内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  鳥山先生

鳥山先生

神様的に見るとやり切る事が評価は高い為に、自殺は良い評価にはなりにくいのを前提として、天界人も魔族も代行業はやっており、ポジティブに言えば大事な場面での交代役、ネガティブに言えば自殺の幇助もあるが、集英社の辞めたくても辞めれない労働環境から、魔族に自殺幇助(見えない形での死亡)をお願いしていてもおかしく無い、それは会社側は金卵を生む鶏は手放さないが、その姿勢を貫くとしたら、寿命より早く亡くなる場合も多くなり、集英社での代表作デスノートでも描かれていように、どんな死に方にするのかを、魔族と鳥山先生とで契約が行われてたかもしれない。

また、集英社は元奥さんの元部下の最年長魔族テリトリーになるので、そうなると最年長魔族と鳥山先生とのやり取りだったはずだが、鳥山先生は生前から精神通貨を貯めて、何か出来るような準備があったらしく、精神世界で何か出版するのかもしれないし、反対に出来なかった事を始めるかもしれないが、どちらにしろ私の感覚は、不慮の死よりも旅立ちだろう、今は精神世界で自ら発注した高額な剣を振って楽しんでる可能性もある(笑)最後に長く無理やり生きるのも問題だが、人間はいつか亡くなるのであり、焦って亡くなる必要は誰もないとは思っている。



コメント






管理者にだけ表示を許可する