内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  戦争やスポーツが最先端

戦争やスポーツが最先端

天界と魔界、表神界と裏神界とで争っており、表神界同士どちらの加護が強いのかを、未だに戦争やスポーツで争い、個人的な最強の加護は複合型だと思い、力と魅力や、力と知力、大昔は力と知力が勝っていたが、今は力と魅力が勝っているように思える。つまり、勝つノウハウよりも、勝てる人情味がある指導者に人気があり、細かいノウハウは応用出来ないぐらいの知能でも良いと判断傾向。また、何故、戦争やスポーツに神様加護は比重が高いかと言えば、最先端の考え方が戦争やスポーツで、そこから一般労働への考え方に移るからで、昔なら労働のパワハラも軍隊やスポーツから取り入れられたが、現在は軍隊やスポーツは指導者に周りを動かす魅力が求められており、そうなると次は企業選択も指導者の魅力で入社を決める事になるだろう。



コメント






管理者にだけ表示を許可する