内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  呪いが減って子供が悪くなる?

呪いが減って子供が悪くなる?

呪いは現代では使わない方が良い、それは呪いが返されたリスクだけではなくて、環境が変えられない場合が少ないからで、例えば学校なら転校があり仕事なら転職、それなら家庭環境になると10年以上は変えられないから、親も子供も試練(学び)としての子育てはある為に、今は難しい子供が多く生まれて来ている解釈もある。違う考え方なら親のセックスした状態が強く影響され、楽観的にセックスしたか、悲観的にセックスしたかで、子供の計画性(知能)に影響を与えた考え方もあると感じ、その証拠データとして欲望的な犯罪(楽観的な犯罪)は減少傾向で、知能的な犯罪(よく考えた犯罪)は増加傾向もデータが出ており、親の影響(セックス)があるのではないだろうか?また、犯罪予防としては愛を持った教育も言われますし、環境を跳ね返す子供より、環境(時代)に左右される子供の方が多いは、いつの時代も変わらないが、これを運とも学びの種類とも言える。



コメント






管理者にだけ表示を許可する