内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  速くではなく高く

速くではなく高く

筋力や心肺問題でのフォームに問題が出るケースもありますが、反対を言えば筋力や体力(心肺機能)に問題が無ければ、イメージ問題になる事が多い。水泳ではこれはよく起こりますけど、ランニングでも起こるとすれば、速さのイメージをよく間違えられる方が居て、速さは足を前に出す速度(距離)と思われますが、ランの速さとは高さなんですよ。え、速く走るのに高くなるの?それなら飛ぶの?そうではなく足を真っ直ぐにする時に、足が自然に前に出るのを利用するから、足をどれだけ伸ばせるかが、陸上選手っぽくの1つの分かれ目にもなりますので、真っ直ぐのクオリティー勝負が、本当のランニングかもしれません。



コメント






管理者にだけ表示を許可する