内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  人生は行動ではなく判断でキマル

人生は行動ではなく判断でキマル

日本では多数決をしてしまったが為に、崩壊した(GDP成長がない失われた20年)とも言われ、何となくいい人、何となく悪い人、これを最大評価して選挙を行った。もちろん、勘も正確に見えてるなら良いのだが、例えば良い人だから騙されやすい、悪い人だから自己利益を考えているなど、この当たり前も見落としているので、悪い行動をしたから今があるのではなく、悪い判断をして今(失われた20年)がある。

変な例え話をすると、人により起こす犯罪傾向があり、車を持っていればひき逃げ、政治家になっていれば収賄、警察官なら傷害事件、家計が苦しいなら詐欺や万引き、これは憶測ではなく事実ですよね?何故、事実すら見えないかと言えば、警察官であれば必ず人(市民)を殴るわけでもないですし、お金に困っても万引きしない人も居ますよね?この当たり前も分からないから、選挙をしてしまえば騙す事が得意な人が、自民党でも旧民主党でも再選を繰り返すのと、偽情報について対応(社会)が未成熟で、偽情報が悪いのではなく、未成年以降は偽情報に騙される方が悪い、これは悪意は絶対にゼロにはならないし、例えば私でも一億円貰って偽情報流して欲しいと言われたり、実際に言われてたらどうなるの?



コメント






管理者にだけ表示を許可する