内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  まっすぐは間違え

まっすぐは間違え

水泳では真っ直ぐの用語で指導されてるのを多く見ますが、飛び込みとクロールと背泳ぎがやや猫背で、バタフライと平泳ぎが背中部分が奥に行くイメージになり、本当に真っ直ぐをすると人間の骨格は、どこも元々が直線になっていない為、肩や腰の怪我の要因になってる方も多く見る。また、水泳界でアイ字かエス字かで論争があったみたいですけど、アイは物理的な理想ですが、骨格的にはエス軌道が無理のない形だと考えてますので、私は水をまっすぐ後ろに送るのでさえ、手は回内回外のイメージを持っていて、他の方も自然と足では膝は中央寄りでも、足裏(足先)はやや外向き(がにまた)になってませんか?←こんな感じに湾曲するのが自然の姿勢(形)だと思います。



コメント






管理者にだけ表示を許可する