内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  リアル仕事 >  真面目に働けば良い?

真面目に働けば良い?

大体の経営は真面目にやっていれば良いが、真面目な解釈が多様化や自分の都合よくなどでやるから、それでミスした時の結果に響き、必要な費用を払ってなかったりし、下からめちゃくちゃ責められる。じゃぁ、私はどうしてるか?では遅刻した時の為に、給料に関係ない残業したり、ミスありきでギリギリでの生活はしないから、テレビのドラマの「私、失敗しないので」では絶対にやらない。

後は私自身何故障害年金を頂きながらを、いつも重視しているかでは、大雑把に60→65歳までの無職期間があるとして、その5年間をカバー出来るからで、それを額にすると低めの計算でも80×5で400万になるのね?そうなると昔の少し安めの退職金に相当する為に、障害年金が病状の変化により更新されないリスクを残しつつも、今から正社員になるよりも全然良いとしている判断、私が正社員にならないのは、社会不適合者とかイジメからの闇落ちとかでもない(^_^;)つまり、支援制度(社会保障)など儲かるから障害者を続けてるし、儲からなければ障害者はやってない、これを変に解釈されてないかな?



コメント






管理者にだけ表示を許可する