内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  リアル仕事 >  支援されたか?迫害されたか?

支援されたか?迫害されたか?

後々に見て仮に正しい事をしても、支援された事もあれば、迫害された事もあるけど、頑張りとか分かりやすければ良いが、それ以外は理解的に無理だと思うかな?だから、活動の継続にはお金が必要とかなら分かっても、例えばこの活動はとても価値のある事みたいなアピールは伝わらない、専門分野同士なら分かる事もあるが、専門外なら本当に伝わらない。

今やってる指圧技術は誰も持ってないと言って、相当通い慣れてる人のみは分かってくれたけど、仕事を紹介してくれた上司さんでも理解されなかったし、前の上司さんは無価値、別の上司さんも価値に最初は半信半疑でしたから、まともな支払いをすれば支援、まともな支払いをしなければ迫害のイメージ???

少し具体的にはメイドリフレ(メイドマッサージ)を提案したけど、却下されたのですが、私が教えてたら、、、メイドさんも専業主婦になりやすかったのになー。つまり、自分の活動は支援されたが、普及活動は迫害されたみたいな感じかな?この場合は迫害は大げさか(笑)この指圧に関しては独学(迫害)と教えてもらった(支援)が半分半分かな?支援期間が半年貰えなかったら物にならなかっただろう。



コメント






管理者にだけ表示を許可する