内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  抵抗は飛び込み姿勢以外は作る物

抵抗は飛び込み姿勢以外は作る物

水泳で抵抗を減らす事が大切と言われますが、無駄な抵抗は減らすべきが正しいのでは?例えば大きな抵抗で減らすのが「飛び込み後のフォーム」、これは抵抗を減らすべきです。ただ、スイムでの抵抗は推進力を生み出す為に使う物で、初心者になればなるほど抵抗は作るけど、推進力に繋がらない事が多い、それが膝を曲げるだけの事になりやすい。

仮に陸上で正しいフォームを繰り返してなければ、段階的に上達する必要があり、まずは抵抗を作る(膝を曲げる)で、次に推進力です。いやいや、バタフライや平泳ぎは重心移動でやってる?重心移動も厳密には背骨や首の曲げ伸ばしを使っているし、いやいや、クロールでは細長いフォームが多い?あれは肩軸をずらす力も使ってるからで、結果的に抵抗も少ない形になっており、まとめると飛び込み後の無駄な抵抗は減らすべきだが、最初はしっかり抵抗を作って、推進力に繋げるかもしれませんね(最初は少ないキック数から身に付ける派)。



コメント






管理者にだけ表示を許可する