内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仕事 >  国や会社に損をさせるように動け!

国や会社に損をさせるように動け!

面接時に給与の話をするのは、好き嫌いやニーズをつかみ切れない人として見られるが、普段の行動は国や会社に損をさせるように動くと良い?例えば今流行りのツイッターでは、簡単に会社へ利益があるのはコストカットで、それによりサービス低下が激しくなり、他社の参入の機会(新たなSNS開発)になりましたが、会社が損をすれば利用者が得をする可能性があり、当たり前の話をすれば、誰かが得をすれば誰かが損をするけど、反対に誰かが損をすれば誰かが得をしているはずで、誰かのミスは誰かのチャンスでもあります。

私の考えは会社や国は存続出来るぐらいで良くて、国民や社員がたくさんお金やサービスを受けるべきと考えてますが、今のテレビや総理は私と正反対の考えを持たれてますよね?少し繰り返しますがテレビの反対の事をすれば、日本社会は上手く行くと言えば、私は多数決なら負けるかもしれませんけど、正しく情報を見れば私の方が正しいのですよね?

もちろん、無計画で損をさせるのは無しで、分かりやすく言うと会社は赤字にならないぐらい損をさせるで良くて、反対に社員が赤字にならない給与では困ります。また、国の収益が過去最高更新と上がった事から、岸田総理もTOYOTAの社長(経営者)なら、責任も必要とされる能力も低くて上手くやれたのに、、どうやら岸田総理は調整能力の低さから、総理は身の丈に合わない仕事になったようです。

今日の汚い英文

岸田総理

knight of the rice field



コメント






管理者にだけ表示を許可する