内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  バタフライと平泳ぎについて

バタフライと平泳ぎについて

4泳法で伸びたのはバタフライと平泳ぎで、バタフライはタイミングと言われますが、これは既に筋力と体力などがあって、選手がスピードを上げるにはタイミング意識になる意味で、泳げない人には肩を上げてのリカバリー速度になります。平泳ぎについては足にはウェッジとウィップがありますが、手にも北島康介型と金藤理絵型があり、一般的な外側を強くかくのが北島康介、手のひらを回転させるだけが金藤理絵(中指中心に周り小指が最後にくっつく)で、腕中心で進むなら北島康介、足中心で進むなら金藤理絵が良い。また、多くの泳法は腕を推進力とする為に、キック中心で泳げるのは腕と体力が楽な傾向を感じるので、50メートル以上泳ぐには腕を楽にする為に下半身を使いたい。




コメント






管理者にだけ表示を許可する