内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仕事 >  基本的に警察官はやりたい放題

基本的に警察官はやりたい放題

警察官はやりたい放題で、市民を煽るだけ煽り手を出せば公務執行妨害にしたり、それでも手を出さなければ、警察官から手を出して、向こうから手を出した事にしたりもするが、この警察官の圧に屈しなければ不起訴なケースも多いが、ガーシーさんについては逮捕の恐れがあるとして海外逃亡の時点で、本人に罪の認識(脅迫の認識)はあったのは間違いないから、警察官も検察官も民事訴訟より難易度が高い刑事訴訟でも、ガーシーさんを有罪に出来るとしている。

つまり、You Tubeなど情報の真偽や表現の自由は論点でないのだが、、、ガーシーさんは分かってるのだろうか?例えを変えると「○○議員は辞任しなければ爆弾が爆発する」と言うと、これは表現の自由や民主主義か?では、どう見ても脅迫でしょ?これにお金のやり取りがあると恐喝に変わり、刑務所に入る期間が最大2年から10年変わる可能性があるから、仮に情報公開を止めて欲しいとガーシーさんにお金を渡していると?それが証明出来れば脅迫から恐喝にランクアップだろう。

リンク



コメント






管理者にだけ表示を許可する