内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  中以上は加護が与えられる。

中以上は加護が与えられる。

低級魔族、低級天界人は人間から奪う契約を主眼とするが、中級以上になって来ると加護が与えれるようになる。例えば過去の天照大神は解析系で学問に使えて、私は意欲を高める加護が与えれ、やり方は自分の発した物を分け与えるイメージで、自分のやる気(壁を乗り越える向上心)を分けれるけど、タイミングを間違えたりすれば、間違えた方向に加速して進む可能性があり、例えば増税を繰り返す総理に与えると、この増税が正しい(応援されてる)と思い込む感覚の加護(別名エナドリ)です(笑)ちなみに、私は最も得意な感情を受け渡しするので、加護の訓練を多くはしてませんが、理論的には落ち着いた感情の加護や、色々な物に対しての疑問を得る加護も与えれ、人によりますが1日ぐらい続きますね。私の加護のやり方は、与えたい感情をイメージし、自分の腕から相手の胸(後ろ側から)に受け渡すかな?これを応用すると、仮に商売をしていたとして、よく来てくれるお客さんに渡すと、お客さんはここに来ると元気がもらえるとして、ついでに商品を買ってくれたりもあり、最近では成功しているYoutuberの方もやってたりもしてました。つまり、加護とは神様の専売特許ではなく、中級以上の天界人と魔族が使える可能性を秘めてますが、地球で1番位の高い神様の加護は質(イメージ)と量も違い、例えるなら純度の低いガソリンか純度の高いガソリンかの違いかな?

リンク



コメント






管理者にだけ表示を許可する