内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  加護争い

加護争い

日本神界は住んでいる管轄の人間に加護を与えて、加護を与えた者は守っても良いで、人間の代理戦争を今はスポーツでやっており、バドミントンでは大阪の宮村愛子と奈良県の水井妃佐子、約20年後に宮崎友花(大阪出身)と水井ひらり(奈良出身)が、互いに加護を受けての対戦は、見える人からすれば因縁の戦い。それぞれの戦神の加護の強さで戦うので、20年前は奈良県が勝ち、今回はどちらが勝つか?また、大阪と奈良2つは隣接県でもあり、戦国時代からも神様同士戦いをしてたはずで、どの戦神の加護が1番かの争いが戦国時代に起きたが、天界戦争の転生者が多く出た関係から戦い方が大きく変わり、人間同士の裏切り行為が多発して、当時も明確な加護勝者は出なかったらしい。また、神様でも与えられる仕事内容が、人間界が多いや神界が多いや精神世界が多いなど偏るのと、前世を見るのは違法になる可能性がある。つまり、前世は知って上手く行く事より、知らない方が上手く行く事が多い。



コメント






管理者にだけ表示を許可する