内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  WBC観戦レポート

WBC観戦レポート

WBCアメリカと日本戦については、アメリカと日本の文化の違いを感じた。日本選手はバックスピーンをかけたストレートメインで、アメリカ選手はアメフトボール(やり投げが最古?)からのジャイロが多かったが、それは日本には遠投の文化(評価)があり、遠くに投げるにはバックスピーンで球を浮かせる為、投げるモーションを大きく使うから、デメリットは肩の怪我をしやすい。逆にアメリカでは遠投文化は少ないので、日本人投手の遠投練習を止めたのもニュースになった。

後はストライクゾーンの使い方が違い、日本はストライクゾーンを大きくて、あえてボールゾーンにも投げる事も多く、カウントもフルカウントで勝負するが、アメリカはアウトコース狙いの3球で抑えようとする。また、試合展開はアメリカ選手は日本の球が打ちにくいように見えたが、それはストライクゾーンが大きいだけでなく、ストレート(バックスピーン)の球速も昔より大きく上がっている。もちろん、日本もアメリカの球が打ちにくかったが、時々ジャイロでもキャッチャーミットを動かさずに捕る事があり、その球を日本はホームランとして当てていた。



コメント






管理者にだけ表示を許可する