内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  維持と改善

維持と改善

日本は維持と改善の2つの動機が国民的に理想としやすく、アメリカでは協力と挑戦が合っている。これを表現が分かりやすい水泳で例えると、日本は50メートルを40秒で泳ぎ切ったとすれば、このまま40秒維持する練習と、さらにタイムを上げる練習、維持と改善の2つが必要、日本は天界出身が多いので維持や改善に向けて、例え個々でも目標を立てやすく、それが出来なければ天界出身に魔族出身が教わる例が多い。次にアメリカは人口的に魔族出身向けにマニュアル化され、指導者と競技者が協力して挑戦している感覚。私からすると日本は指導と競技者は分業で、どちらかの得意が出来れば良いですが、アメリカは指導と競技も兼ねている感覚が強く、指導側であっても選手の気持ちが分かる必要がある感覚。少し話を戻して維持に関しては、想像以上に疲労しやすく50メートルを40秒でを維持するだけでも、テンション維持(集中力維持)や練習負担は大きくて、簡単に維持と言っても難易度は高い。改善に関して前提に原因が分かる必要があり悪い点探し(言い方を悪くすると犯人探し)は大事なので、名探偵コナンなど推理漫画が流行った日本に合っている。まとめるとアメリカの猿真似を行うより日本文化に合った目標の方が大切。

リンク



コメント






管理者にだけ表示を許可する