内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  神様について

神様について

宇宙人は神様を信じないと言われてますが、宇宙人でも神界エリアに行きたいと思うみたいで、天照大神は宇宙人で追放され、地球の神様を目指し天界エリアに来たらしく、天界のボスを名乗り魔族と同盟で政権維持していた。天照大神との政権争いで追放された天界人は、人間界に降りて元魔族との縁を求めて、私と元奥さんが繋がったとも言え、精神世界ではこの情報は伝わっていて、私と強い人が天界に来ると予測してが、元奥さんが一年で一人で天照大神も含めた天界人を討伐してしまった。他にも何人か元魔族縁を求めて生まれている天界人も居て、たまに私や元奥さんへメッセージが来る事もありますが、私も何やら精神世界での雑誌に取り上げられる事も多いみたいです。また、過去の超上級魔族がまだどこかに居るらしく、残り3人(元奥さんに匹敵)の動きが精神世界のバランスの鍵を握り、天界は元超上級魔族には天族の地位提示し、魔族は契約と言う形で近付き、人間界はあくまで精神世界への繋ぎの認識の人も居たりする。



コメント






管理者にだけ表示を許可する