内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  ゲーム >  適性に合えば活躍、合わなければ脱落

適性に合えば活躍、合わなければ脱落

スプラトゥーン3の武器において長所短所がある以上、得意不得意が出来るので、1つの武器に絞るなら何かを捨てる必要がある。例えばスナイパーであればポイント数、短距離武器なら遠隔からの高アシスト、高火力武器なら連射力(爽快感)。また、仮にスナイパー2人存在したら勝負は厳しいし、短距離武器なら何でも出来るがデスの覚悟はいるし、高火力武器なら一撃必殺となり複数方向から狙われるのは弱くなりがちだ。

ここからは適性について身体能力(訓練で得られる能力)を生かすなら短距離武器、YouTuberしをたんとティラミスさんはそっち系で、ダークネス山本さんは嗜好で高火力武器系、ボクは思考時間があるスナイパー系が適性だとは思うから、仮に適性を知り使い込むなら、1つの武器だけ使っても良いと思うが、初心者で適性を知らない状態(何も考えない状態)では、1つに絞らない方が良いですね。

その根拠でスプラトゥーン3での武器チケットは、各武器の熟練度を達成する度に配られるので、浅く広く学ぶのをニンテンドーも推進しているのでは?ここからは逆に適性が合わないパターンを挙げるなら、武器の好み(デザイン)は筆だが、高火力武器(バズーカかお風呂)の方が向いてそうなのは、ホロライブの夏色まつりちゃんかな、必ず殺したい的な念の込め方が合ってそう(^_^;)好きな近接武器(筆)で近づくのは、各武器特性を知り操作訓練の努力が要ると思う。



コメント






管理者にだけ表示を許可する