内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  肩を痛める原因

肩を痛める原因

人間動くけど動かせば怪我をする動かし方があり、例えば腰をそらすと腰痛、肩を大きく曲げると肩を痛めますので、バタフライと平泳ぎで腰痛、クロールで肩を痛めやすい。今回はクロールの肩の故障について色々説があり、ローリングすれば痛めない、柔軟性があれば痛めない、反対に柔軟性があると痛めるや、キャッチが低いと痛めないなど、、、結論的に厳密には腕が体の後ろを行けば、すぐに肩は痛めますので、柔軟性があると痛めると、キャッチが低いと痛めない(体の前面で動かしているなら)が正解に近い。

いや、トップ選手は後ろにぐんぐん回している?いえ、体の前面で止めて抜いているけど、動画や映像を見ると後ろまで回しているように見えるだけで、私は腕は太ももまでしかかかないか、手のひらが体の横に通るイメージにしてますが、自分を鏡で見ると腕をぶんぶん回しているように見えます(笑)

また、怪我をある程度理解してる私でも無理なタイム設定したら、簡単にフォームが乱れて怪我しますので、基本的に集団練習は気分転換以外は私はしません。ちなみに個人レッスンと自主練習で、精神障害者50メートルクロールの大会記録保持してますからね?いや、本当は記録会でベストタイムを出して、かっこよく言いたかったのですが、その機会は台風で延期になりました。



コメント






管理者にだけ表示を許可する