内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  スポーツ >  骨盤後傾は出来た方が良い

骨盤後傾は出来た方が良い

私は水の抵抗を考えるより大きくキックするタイプですが、多くの指導者が骨盤後傾から教えている。いやいや、そんな難しい言葉は使っていません?では言葉を変えて「腰(足)が落ちている」と言いませんでしたか?まず正しくキックをすると腰を落とす必要も多い(下半身も含め上体がめちゃめちゃ浮き、普通にするとキックで全てが水面を叩く)が、上手い選手はキックも打てても腰が落ちてませんよね?上手い選手は正しいキックのまま骨盤後傾(反対に背泳ぎやバタフライの第2キックなど骨盤前傾必要なキックもある)しているが正解、つまり腰を落とさないで正しいキックするには骨盤後傾(お尻の向きのコントロール)は当たり前になる。この骨盤コントロールは難しい、今回の難しいの意味は練習が必要になるので練習メニュー紹介。

ボクの練習見本リンク

私は正しいキックから次に骨盤後傾を教えるべきに思う。ボクの昨日の写真↓入れる場所はあるのよ!



コメント






管理者にだけ表示を許可する