内閣総理大臣 岸田文雄の補佐官ブログ

自称風景写真家

 >  仙栄期 >  評価する立場になると?動機と歴史が必要?

評価する立場になると?動機と歴史が必要?

特に評価する立場や責任を持つ立場になると、自分も含めて動機は見えないといけない。例えば飲食店運営で同じ値段でコストを下げようとして材料を選ぶと、皆の為なら品質を落としたくないから同じ材料を安く買う為に発注量を増やすか、自分だけの儲けならお客様を考えずに簡単に品質を落として安い材料を購入するかになる。後者になると薄利多売が出来なくなり儲けが少なくなる方向に進み、前者になるとコストが全く無い頭を使うだけなので儲けは増える傾向。また、天界、魔界でもノーコスト部分(思考部分)を増やす事で、人間側としてもお得な感覚になり天界人では再契約、魔族では後払いの為に契約不履行を防げれる為に、契約が上手いグループは両者でこの方法を使っており、例えば天界や魔界や人間界の歴史や文化が話せるか?話せないか?例えば天界人の毘沙門天は天界情報に強いのと上杉謙信の話が出来て、魔族の黒さんは魔族歴史や人間歴史も話せるので、毘沙門天からBLを聞いたり、黒さんに最強魔族や強い人間を聞いてみては?

仕事の後のお水とお好み焼きは(゚д゚)ウマーこれが広島焼きや!



コメント






管理者にだけ表示を許可する